借金を返すために東京に住む私が利用した特定調停について

今このページを開いている方は、借金で困っているという状況に陥っているのではないでしょうか。わたしも以前は借金をしてしまい困っていました。
しかし、特定調停というものを活用し、今は毎日を楽しく過ごすことができています。今回はこの特定調停について、お話ししていきます。大学を卒業して東京に上京してきた私は、仕事も決まり毎日の自由を謳歌していました。今振り返ると調子に乗っていたと思います
給料ももらい、会社の先輩につれていってもらったキャバクラにすっかりはまってしまい、給料のほとんどをつぎ込むようになってしまったのです。それまであまりモテた経験のなかった私は、綺麗な女性にチヤホヤされ有頂天でした。
求められれば高価なお酒を注文し、貯金が底をついてもつい見栄を張ってしまい消費者金融に手を出してしまったのです。半年ほどで、借金は200万を超えました。
両親に事情を説明すると、愛想を尽かされ勘当されてしまいました。
どうして良いのかわからず途方に暮れていた時キャバ嬢が教えてくれたのが特定調停です
簡易裁判所で資料や書類を提出するだけで、調停委員の方が借金の返済計画について消費者金融側と交渉してくれ、結果的に毎月の支払い額も減りましたし。本当に良かった。またキャバクラに通えそうです。
「100人を部屋に集めてお金をランダムな相手に渡し続ける」とだんだんと貧富の差が生まれる – GIGAZINE
GIGAZINE「100人を部屋に集めてお金をランダムな相手に渡し続ける」とだんだんと貧富の差が生まれるGIGAZINEAさんはBさんに、BさんはCさんに、CさんはDさんに……と、それぞれがそれぞれに1ドルを渡せば、ぐるっと回って全員±ゼロとなりますが、実際は無作為に選んだ相手に渡していくことになるので、お金を渡す機会が増えれば増えるほど偏り、つまりは貧富の差が生まれます。(続きを読む)